カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(104) 非農家含め全戸“人ごとにせず”協力 宮崎・木城町・駄留集落

 宮崎県木城町の駄留集落が、集落一丸の鳥獣害対策で6年間ほぼ被害ゼロを続けている。非農家も含め全戸(20戸44人)で環境整備や追い払いを徹底。周囲を山に囲まれながらも、獣を寄せつけない集落を築き上げた。
 それまで集落には猪、鹿、猿の主要害獣が全て出没。収穫間近の稲や野菜が一晩で全滅する圃場もあり、地域の営農意欲はどん底まで落ちていた。地区鳥獣被害対策協議会代表の平木昭博さん(55)は「1年間の努力が一瞬で消えた。猿も猪も鹿も憎たらしくて仕方なかった」と思い返す。

写真説明=県からくくりわなの補修を学ぶ集落住民(後列右から4人目が平木さん)

 [2017-11-17]