カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

市場の大幅な規制緩和を提言 受託拒否の禁止も廃止 規制改革会議

 政府の規制改革推進会議農林ワーキング・グループと未来投資会議構造改革徹底推進会合は11月24日、卸売市場改革の提言をまとめた。現行の卸売市場法による市場の取引規制はほとんどで廃止を主張。卸売業者が生産者の出荷物を全て引き受ける根拠となっていた「受託拒否の禁止」も廃止を求めた。市場の社会性や公的機能を根本から覆す内容に、現場の憤りが強まるのは必至だ。

 [2017-12-1]