カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

各地で注目 花開く“地域商社”

 2018年が幕を開けた。高齢化や過疎化、経済の縮小など、さまざまな課題は依然として農村に影を落とす。それを払いのけ、地方創生のアクセルを踏み込んでいくには、地域が自らの資源をどう生かすかが鍵を握る。そんな中、地域産品を掘り起こし、生産者に代わって販路を開拓する「地域商社」の取り組みが花開き始めた。地域を丸ごと売り込む司令塔として、各地で注目を集めている。

写真説明=ろまんちっく村の農園では収穫体験を毎日開催

 [2018-1-1]