カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

農業収入保険室など新設 2018年度から 農水省

 農水省はこのほど、2018年度の組織体制を明らかにした。農業関係では、「農業経営収入保険室(仮称)」「鳥獣・農村環境課(仮称)」「農泊推進室(仮称)」を新設する。また、証拠に基づく政策立案(EBPM)推進のため、政策立案過程総括審議官(仮称)の役職を新たに置く。水産業では、「漁業取締管理室(仮称)」と「漁業取締本部(仮称)」を新設する。

 [2018-1-12]