カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

水田活用の直接支払交付金 2018年産から3メニュー追加

 2018年産米から国による生産数量目標配分が廃止となるのを受け、農水省は転作助成の「水田活用の直接支払交付金」を拡充する。都道府県へ配分する産地交付金のメニューに、(1)転換作物拡大(10アール当たり1万円)(2)米の新市場開拓(同2万円)(3)畑地化(同10万5千円)――を追加。来年度の同交付金の予算は本年度から154億円増の3304億円を措置する。

 [2018-1-19]