カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 たまご街道にぎわう 神奈川・相模原市

 人口70万人を超える政令指定都市の神奈川県相模原市。ひっきりなしに車が行き交う市街地の一角に、新鮮な卵や卵スイーツを売る店が点在し、大勢の客でにぎわう。地域の養鶏場が連携して取り組む「たまご街道」で、住民と共存する都市型畜産の成功例だ。

写真説明=「卵かけご飯がおいしくて、しょっちゅう買いに来る」と話す客と田中さん

 [2018-1-19]