カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

短歌で守る奥能登の田畑

 本紙編集部に1冊の本が届いた。奥好雄歌集『山村日日』である。巻末のプロフィルに「サイパン玉砕から生還」の文字があり、思わず目をみはった。復員後、実家の農作業に従事し、そのかたわら短歌に親しみ、農民歌人として現在に至っている。奥能登、石川県珠洲(すず)市若山町南山のご自宅に奥好雄さんを訪ねた。(石川猶興)

 [2009-9-11]