カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(112) 鹿革の製品を制作・販売 山梨・大月市 郡内レザー

 山梨県大月市在住のクラフト作家・藤本二菜さん(36)は、地元で捕獲された鹿の革を利用して、バックやポーチ、財布などを制作。地元の狩猟チームに所属し、猟師としてのスキルも磨いている。
 東京でOLとして働きながら革細工の学校に通っていた藤本さんは、職人を目指して小さな革製品のメーカーに転職。当時は牛革を使っていた。4年前に同市へUターンし、自宅で雑貨店を開き、自作の革製品の販売を始めた。

写真説明=メガネ入れやペンケース、ポーチなど、地元の鹿革を使った作品を販売

 [2018-1-26]