カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

話題沸騰の「グローサラント」 食販とレストラン組み合わせて 新たな価値

 昨年から大手スーパー各社が相次いで導入を始めた「グローサラント」が注目を集めている。食品販売とレストランを融合させた新しい業態で、スーパー自らが店舗で扱う食材を使って調理し、客は出来たての料理を楽しめるのが特徴だ。単身世帯や働く女性が増えて食の外部化が進み、品ぞろえでは太刀打ちできないネット通販も広く普及する中、小売業界は“食べる体験”という新しい付加価値の提供に乗り出す。

写真説明=ライブ感のある調理風景を見せ、安全性や出来たて感をアピール(サラダ専門店)

 [2018-2-2]