カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

2016年度 ジビエ利用1283トン 販売額は約29億円

 農水省は9日、野生鳥獣のジビエ利用の状況を初めて発表した。2016年度にジビエとして利用されたのは1283トン。このうち自家消費やペットフード利用を除き、食肉販売を目的に食肉処理施設で処理されたのは1015トンで、食肉の販売額は28億9300万円となった。
 食肉販売されたのは、イノシシが343トン(13億7100万円)、シカが665トン(14億8300万円)、クマやアナグマ、鳥類などその他の鳥獣が7トン(3900万円)だった。これとは別にペットフードには150トン(8100万円)が利用されていた。

 [2018-2-23]