カテゴリータイトル

アグリとサイエンス

すべての記事を読む

トラクターの直線作業をアシストする自動操舵システムを開発しました〜カメラを使って低価格化〜

 播種や畝立てなどの作業では、行程を直線的かつ前行程と一定間隔に保つことが重要であり、トラクターを使った作業では、オペレーターには熟練した運転技術が要求されます。近年は農業従事者が高齢化して引退するなど、熟練オペレーターは不足しています。そこでトラクターのステアリングを自動制御することで、誰でも真っすぐで等間隔な播種や畝立てができる自動操舵(そうだ)システムを開発しました。

 [2018-2-23]