カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

列島最前線 思いっきり農産加工 仲間と年間50種類の商品製造 宮城・大崎市 浦上 和子さん

 しそ巻におかず味噌(みそ)、白菜や赤かぶの漬物――。素朴だけど、一口食べれば心も体もホッとする。そんな農産加工品を手掛け、全国にファンを持つのが宮城県大崎市の浦上和子さん(66)だ。パートの女性たちと年間50種類の商品を手作りし、県内外に販路を持つ。おいしさの秘密は「思いっきり農産加工を楽しむこと」。子育てや介護に追われ、やりたいことが十分にできなかった過去の経験が原動力だ。

写真説明=手掛ける加工品は年間50種類。味のある手書き文字のパッケージも好評だ

 [2018-2-23]