カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

イマドキの八百屋に熱視線 地域で愛され続けるための経営戦略探る

 街中で昔ながらの八百屋を目にする機会が減った。かつてはにぎわいあふれる商店街の屋台骨として欠かせない存在だったが、スーパーやコンビニ、ネット通販の台頭で客を奪われ、その数は減少の一途をたどる。そんな時代に、地域の八百屋として愛され続けるにはどんな経営戦略が必要なのか。工夫ある販売術とサービスで客の心をつかみ、売り上げを伸ばす“イマドキの八百屋”を取材した。

写真解説=昼夜問わず、客が出入りする人気店(フレッシュショップ シマノ国立店)

 [2018-3-9]