カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

最適化の近道は男女委員の連携 活動推進へシンポジウム

 改正農業委員会法の施行からはや2年。農地利用の最適化という使命を果たしていくには、男女の農業委員・農地利用最適化推進委員が垣根を越えて手を取り、それぞれの強みを発揮することが一つの近道だ。各地の女性農業委員組織の活動などが功を奏し、昨年末には新体制に移行した委員会全体の女性農業委員の割合は11.8%まで増加。しかし、2020年度までに30%という政府目標の達成にはまだ遠い。全委員会の体制移行の完了を控える今、女性登用のさらなる加速化が求められている。

写真上=徳島県農業委員会女性協議会・谷口会長

写真中=山形県酒田市農業委員会・五十嵐会長

写真下=鹿児島県南種子町農業委員会・石堂会長

 [2018-4-13]