カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(123) 2017年度鳥獣被害対策優良活動表彰(3)農村振興局賞(被害防止部門・団体)

岩手・遠野市ニホンジカ捕獲応援隊

 シカによる農作物被害の増加と裏腹に、高齢化などで弱体化する捕獲体制――。そんな課題を抱えていた岩手県遠野市では、地域住民からなる「遠野市ニホンジカ捕獲応援隊」が2014年に発足した。捕獲の実働部隊である鳥獣被害対策実施隊を、狩猟免許がなくてもできる作業でサポートし、捕獲の負担減と被害抑止につなげている。
 応援隊に入るには市が毎年開く安全講習会への参加が必須だ。被害の現状や鳥獣保護法などの基礎知識、くくりわなの仕組みなどを学び、修了者には市が認定証を交付する。メンバーは2016年時点で125人で、約8割を農家が占めている。

写真説明=安全講習会では実施隊員がわなの仕組みなどを説明

 [2018-4-20]