カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

「第10回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰」各賞決まる

 全国農業会議所と本紙が主催する「第10回耕作放棄地発生防止・解消活動表彰」の各賞が決定し、農林水産大臣賞は長崎県松浦市農業委員会(山川重晴会長)が受賞した。同農業委員会は地図情報も備える現在の農地情報公開システムの開発以前から地図情報に着目。農地の出し手と認定農業者など担い手とのマッチングに活用し、成果を上げてきた。「人・農地プラン」や農地中間管理事業とも連動した農地集積による耕作放棄地解消のほか、解消した農地で重点振興作物を生産するなど地域振興にも貢献しており、積極的な活動が高く評価された。

写真説明=農業委員会をけん引する山川会長(左)と眞弓事務局長

 [2018-4-27]