カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(124) 2017年度鳥獣被害対策 優良活動表彰(4) 農村振興局長賞(被害防止部門・団体)

広島・芦田町福田割石地区鳥獣被害対策協議会

 広島県福山市の中心部から北西約10キロにある芦田町福田割石地区。この地区で発足した鳥獣被害対策協議会は、地道な周辺環境整備などで、イノシシの被害を激減させている。
 同地区は230戸、870人ほどの人口を抱え、住宅地が多い地域。年々イノシシによる被害が増加し、2013年には地区全体で31戸での被害が発生。農産物被害は約210万円に及んだ。
 自身も鳥獣被害を受けていた國頭敬市さん(68)は、イノシシが増えれば、地域の安全が守られず、子供・女性・高齢者などへの被害が出る可能性があることを一戸ずつ説明し、対策の必要性を訴えた。その結果、同地区の68%にもなる157戸が入会し、國頭さんが代表を務める芦田町福田割石地区鳥獣被害対策協議会が発足した。

写真説明=里山ウオーキングに参加する地域住民

 [2018-4-27]