カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

戦略的 水田農業(40) 第7部 始動!新たな米政策(6) 千葉県

主食用の実績シェアまで3年かけ増産

 主食用米生産数量目標の廃止で、最大の超過作付け県だった千葉の動向が注目されるが、本年産の目標は2017年産実績より1割近く減らし、代わりに飼料用米を倍増させるという意外なものだ。「目標が実態を反映していない」という認識は変わらず、主産地が増産すれば米価の下落も予測されるため、いったんは収益が読める飼料用米にシフトし、3年かけて実態に合うよう増産していく方針だ。

 [2018-5-11]