カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

急速に広がる子ども食堂 食材の提供や運営に協力 農業者・JA

 地域の子供に低額や無料で食事を提供する「子ども食堂」の設立が急速に広がっている。ここ2年で7倍に増え、今年3月までに2千カ所を超えた。貧困や孤食などの問題を地域が支援するモデルとして、各地で取り組みが盛り上がる。食材提供や運営に協力する農業者やJAも増加中だ。

写真説明=たこ焼きづくりで交流する女性農業委員と子供たち

 [2018-5-25]