カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

認定農業者Info.(27) 多彩な交流で経営発展 宮城県認定農業者組織連絡協議会

 宮城県認定農業者組織連絡協議会(高橋幸三会長、登米市認定農業者連絡協議会会長)は、認定農業者がもつ共通の課題を解決するため、2006年3月8日に設立。県内27市町村の認定農業者組織を会員(認定農業者数5002人)に活動している。
 同協議会では、会員相互の連携のもと、経営改善計画の達成と経営の安定・確立を図ることを目的に、情報交換や研修、政策提案を実施。県内認定農業者の一大イベントとなっている「みやぎ農業担い手サミット」を毎年開き、昨年度は2日間で延べ約450人が参加した。
 
写真説明=先進的な経営の取り組みや考え方などを学んだ「みやぎ農業担い手サミット」

 [2018-6-8]