カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

食農耕論 種子法廃止の影響と農家・消費者にできること

龍谷大学経済学部国際経済学科教授 西川 芳昭

 主要農作物種子法(種子法)が廃止されて間もなく3カ月になる。今年も多くの地域で田植えが始まり、今のところ米の種子が不足しているとか、価格が上昇したという具体的な影響は報告されていない。しかし、安心してもいられないのが現場の農家の方たちのお気持ちであろうと考える。種子法廃止によって、日本の農業にどのような影響があるのか、もしマイナスの影響が懸念されるなら、どのように克服する可能性があるのかについて考えてみたい。

 [2018-6-15]