カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

新品種 高温下 着色しやすく食味が良い リンゴ新品種「錦秋」「紅みのり」

 農研機構はリンゴの新品種「錦秋(きんしゅう)」と「紅(べに)みのり」を育成した。2品種ともに、近年の地球温暖化に伴う高温条件下でも着色しやすく食味も良い特長を持つ。北海道から北陸・東海地方にかけてのリンゴ産地で生産可能。

写真上=中生品種の錦秋

写真下=早生品種の紅みのり

 [2018-6-22]