カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

平成30年7月豪雨 農地・施設も被害甚大 農水省、対策本部を設置

 西日本を中心に広範囲で発生した記録的な豪雨は、100人を超える死者・行方不明者を出した(9日時点)。多くの家屋が水没、道路は各地で寸断された。農地や農業施設にも甚大な被害が出ていると考えられているが、被害範囲が広く全容はまだ分かっていない。

写真説明=水没した道路と農地(岡山市中区東岡山地区、7日)

 [2018-7-13]