カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

農家目線の給水機を開発 簡単に使えるよう設計 農匠ナビ

 農業法人4社が九州大学と共同で次世代の稲作技術を研究開発している農匠ナビ(株)(横田修一社長、42)は、水位を自動的に調整する開水路用の自動給水機「農匠自動水門(仮称)」を開発している。できるだけ簡単に使えるように「農家目線」で設計していることが最大の特徴。水位の設定や設置が簡単で詰まりにくい。今年、実証試験をして来年の販売を予定している。

写真説明=自動給水器。写真中央の水位計を圃場に挿す

 [2018-7-13]