カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

分岐点 埼玉県稲麦作経営者会議会長 越谷市 中島 茂さん

 埼玉県南部に位置し、東京にも近い越谷市で水稲約50ヘクタールを息子2人と妻の4人で家族経営する中島さん。地域に合った多様な品種を作付けし、歴史あるもち米も栽培している。
 就農したのは26歳の時。高校卒業後、自動車の整備士を務めていたが、長く続ける職業としては農業が自分に合うと考え、実家を継いだ。

 [2018-7-13]