カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

豪雨、各地に深い爪痕

 豪雨災害として平成最悪の人的被害を出した「平成30年7月豪雨」から数日がたち、次第に各地の農業被害が明らかになってきた。水没した水田、樹園地の崩落、破壊されたビニールハウス――変わり果てた姿となった農地や農業用施設。農業者のかけがえのない資産には深い爪痕が残された。

写真説明=崩落したミカン園地(愛媛県西予市)

 [2018-7-20]