カテゴリータイトル

くらしと文化

すべての記事を読む

食 農 生活 食の風景 パティシエが産地巡り 日本のフルーツに新たな可能性

 東京の老舗洋菓子店「銀座ウエスト」の銀座、青山、横浜のカフェでは、7月末日まで「フローズンストロベリーデザート(972円・税込み)」を提供中。今年で3年目になる。
 使用しているのは「UCアルビオン」という四季なりイチゴ。その果汁にホワイトチョコレートやカカオバターを加えて凍らせたものを、かき氷にしている。
 「ずっと色と香りのあるイチゴを探していました」と話すのは、全店のメニューを統括している金子博文シェフ(59)だ。

写真説明=UCアルビオンの「フローズンストロベリーデザート」は、銀座ウエストで7月末まで

 [2018-7-20]