カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

飼料や輸出用米 消費拡大を検討 自民党

 自民党の農林水産流通・消費対策委員会は18日、飼料用米や輸出用米の消費拡大策を検討した。6月に初の認証製品が作られたノングルテン米粉には会合に出席した議員からも期待が示され、農水省は国内での消費拡大の他、需要が高い欧米への輸出に力を入れる方針を説明。同省は飼料用米や輸出用米の生産を引き続き支援すると表明した。

 [2018-7-27]