カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

自然災害の発生に伴う農業者年金保険料の取り扱い 農業者年金基金がホームページで公開

 (独)農業者年金基金は、台風や豪雨などの自然災害で被害を受けた被保険者の農業者年金の保険料の取り扱いをホームページ上で公開している。
 主な内容は次の通り。
▼保険料の振替停止
 今後、保険料の引き落としを希望しない被保険者は、JAに保険料振替停止申込書を提出すれば口座振替を停止することができる。ただし、保険料は未納扱いとなり、納付期限の翌日から起算して2年を経過した時に時効により納付できなくなるので注意が必要。
 また、政策支援加入者は、特例付加年金の受給要件である20年以上の納付済期間などを満たさなくならないように注意が必要。
 なお、JAに保険料請求猶予申出書を提出すれば、翌月から未納保険料の請求も停止することができる。
▼通常加入保険料の額の変更
 JAに保険料額変更届出書を提出すれば、保険料の額の変更ができる。保険料は、月額2万円まで減額できる。
 詳しくは農業者年金基金(電話03・3502・3946)まで。

 [2018-8-24]