カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

豪雨現地調査や特徴などを報告 気象協会が速報会

 日本気象協会は3日、7月に実施した平成30年7月豪雨の被災地現地調査の結果や豪雨の特徴などの速報会を都内で開いた。防災ソリューション事業部の本間基郢瓩枠鏗仮況や当時の気象状況などを踏まえ、雨が長時間降り続いた後の短時間強雨が土石流発生の引き金となった可能性を指摘。「短時間雨量は必ずしも記録的ではなく、危機感を覚えづらい降り方だった」との見方を示した。

 [2018-8-24]