カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

話題 業務用米需給ミスマッチ解消へ 27組の団体出展、米マッチングフェア

 全国農業再生推進機構と(株)グレイン・エス・ピーは8月8〜10日、都内で米マッチングフェア2018を開いた。約130万トンと想定される業務用米需給のミスマッチ解消が目的。産地を持つ生産者や団体・法人が出展し、中食・外食向けの米を扱う実需者との結びつきを探った。両者をマッチングすることで、ニーズに応じた生産や複数年契約につながることが期待されている。
 同フェアは農水省の補助事業として実施され、開催は今年で2年目となる。今回は27組の生産者団体が出展し、来場者は3日間で210人にのぼった。

写真説明=会場は多くの人でにぎわった

 [2018-9-7]