カテゴリータイトル

大地バックナンバー

すべての記事を読む

大地 農に人あり志あり

 「農に人あり志あり」――岸康彦さんを聞き手とする対談集の書名だ(創森社刊)。グリーンチャンネルでの農の対談番組「アグリトーク」を記録したもの▼語り手は、本紙でおなじみの農民作家の山下惣一さんをはじめ12人。法人経営者では、サカタニ農産の奥村一則さん、船方総合農場の坂本多旦さん。新規参入就農者では、木之内均さん、山崎一之・洋子さん夫妻。減農薬稲作の宇根豊さん。有機農業の金子美登さん、星寛治さん。都市農業では白石好孝さん。マイペース酪農の三友盛行さん。「半農半X」の塩見直紀さん。実に多彩だ▼聞き手の岸さんは言う――「農業が日本社会の少数派になったのと反比例するかのように、明確な意志と自らの論理を持って、積極的に農の意味を語り続ける農家が増えている」▼今「農政転換」が言われている。2007年8月の収録だというが、奥村さんが語る07年度からの農政改革三対策をめぐる議論は興味深い。「役所が面積などの要件で担い手を決めるのはおかしい」「担い手は自ら手を挙げてなるもの」「なったからには責任がある」と奥村さん。その責任とは地域の農地、地域の社会と環境を守り続ける責任であろう。地域に根ざして生きる農業法人の面目躍如だ。

 [2009-10-16]