カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(144) 持続可能な猪対策目指して 石川・羽咋市 合同会社のとしし団

 石川県羽咋市にある「合同会社のとしし団」が販売する猪肉が人気だ。市は2015年に獣肉処理施設を設立し、駆除した猪を加工・販売する「のとしし大作戦」を始めた。昨年、地域おこし協力隊の卒業生を代表に据え、持続可能な猪対策を目指し施設を運営する同社を設立。初年度は1650万円を売り上げた。
 同市で猪被害が出始めたのは2012年。年々、被害が増え、2014年には約363万円の被害を受けた。くくりわなと檻(おり)の設置を進め、被害は減ってきた。捕らえた猪をうまく活用しようと販売を始める。

写真説明=のとしし団メンバーと崎田さん(後列右端)。前列左端が加藤代表

 [2018-10-5]