カテゴリータイトル

編集部の一推し

すべての記事を読む

経営にSNS 新たな情報ツール 顧客獲得も

 「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」「ライン」「ユーチューブ」――。これらのインターネットサービスは総称してSNSと呼ばれ、利用者は全世界で20億人以上、国内では7千万人を超えると言われる。情報を発信、共有、拡散する新たなツールとして活用される中、農業経営にSNSを取り入れ、成果を上げる農業者も現れている。

写真説明=それぞれの個性を生かして情報を発信する2525ファーム(左から迫田代表、木谷さん、井川さん)

 [2018-10-12]