カテゴリータイトル

鳥獣害対策

すべての記事を読む

ストップ鳥獣害(145) 出没・捕獲の画像 捕獲員に自動送信 長崎・五島市

 長崎県五島市では、害獣の出没と捕獲をセンサーで検知し、撮影した画像を捕獲員のパソコンやスマートフォンに自動送信する鳥獣害対策システムを導入した。センサーの情報はGIS(地理情報システム)の航空写真上に記載し、ホームページ(HP)で公開。狩猟者で情報を共有することで、市域全体の捕獲数が5倍に増えた。

写真説明=航空写真上に出没した場所と頭数、防護柵の設置場所などが記載されHPで公開

 [2018-10-12]