カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

水稲作況99の「平年並み」 日照不足で下方修正 2018年産

 農水省は10月31日、2018年産水稲の作況指数が全国で99の「平年並み」になるとの見通しを発表した(10月15日時点)。9月中旬以降の日照不足によって登熟が抑制されたため、100とした1カ月前の見通しから下方修正した。10アール当たりの予想収量も4キロ下がり529キロ。主食用は作付面積が138万6千ヘクタールとなったため、予想収穫量が、同省の予測する需給均衡ラインの735万トンを下回る732万9千トンに下がった。
 9月中旬以降の日照不足は全国的に影響した。同省では、25府県で1カ月前より作況指数を下げた。特に、山形、新潟、香川、大分の4県は、いずれも3ポイントと大きく低下した。一方、島根と山口、鹿児島の3県は上昇した。

 [2018-11-9]