カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

「日本ワイン」表示で原料区別

 国税庁は10月30日から国産ワインの新たな表示ルールを開始した。国産ブドウのみを原料に国内で製造されたものを「日本ワイン」と表示して、輸入原料を使ったワインと区別する。両者が区別されていなかった従来のルールを国際的な基準に改め、国内外で国産ワインの価値を高めるのが狙い。
 新ルールでは、産地名や品種、収穫年をラベル表示できるのは日本ワインに限定する。産地名を表示する条件は、産地で収穫されたブドウを85%以上使用し、同地で醸造すること。ブドウの収穫地や品種、収穫年の表示は、それぞれの条件に該当するブドウを85%以上使用する必要がある。

 [2018-11-9]