カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

耐候性ハウスの導入産地支援へ 台風24号対策

 農水省は10月31日、台風24号の農業被害の支援対策を決定した。被災を機に災害に強い耐候性ハウスを導入する産地には新たな支援策を実施する。
 耐候性ハウスの導入は強い農業づくり交付金で支援する。対象は、被災を機に新たに産地で共同利用する場合とした。JAやJA出資法人が耐候性のハウス団地を整備して、被災農業者らにリースすることをイメージ。農業者の初年度負担は事業費の20分の1未満となり、初期投資が軽減されると見込んだ。

 [2018-11-9]