カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

食品輸入規制 緩和へと前進 日中首脳会談

 中国の李克強首相は10月26日、東日本大震災後の原発事故以来続けてきた日本産食品の輸入規制について、「科学的評価に基づく緩和を積極的に考えたい」との姿勢を明らかにした。同日に同国の北京で開かれた安倍晋三首相との会談で表明。日本側はこれを歓迎するとし、残された課題は引き続き双方で早期解決を図ることで一致した。

 [2018-11-9]