カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

2018年度 全国優良経営体表彰農林水産大臣賞(1) 経営改善部門 新潟・柏崎市 (有)山波農場

 ◇各部門で農水大臣賞を受賞した経営体の取り組みを連載で紹介する(8回)

 地域の農地を守るという理念のもと、山間地で水稲を中心に経営を営み、長年にわたる努力により地域から多くの信頼を得た結果、集落の約7割の農地を集約した。
 代表の山波剛さん(47)=写真=は2011年に就任すると、作業を23工程に分けてそれぞれに責任者を設置する人材育成プログラム「作業別責任者制度」を導入。入社2年目から責任者に登用し、作業の段取りや人員配置、資材・機械の使用に関する計画の立案と責任を持たせた。
 社員とは定期的な面談を通じて作業別責任者としての技術、知識、協調性などを評価する。代表から見た長所や能力を発揮すべきことなどを互いに納得するまで話し合い、従業員のモチベーション向上とレベルアップにつなげている。

写真説明=作付面積106.3ヘクタール(水稲103.3ヘクタール、ソバ2ヘクタール、野菜1ヘクタール)

 [2018-11-9]