カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

【Next Generation】愛情持って牛に接する日々 静岡・菊川市 夏賀 愛香さん

 「子供の頃から動物が大好きだったんです」と笑顔で話すのは乳牛200頭、子牛30頭を飼育する落合牧場に2018年入社した夏賀愛香さんだ。
 夏賀さんは県内の高校を卒業後、動物好きが高じて、動物園の飼育員を目指して専門学校に進学。目標に向かってまい進する日々を過ごしていたが、一方で動物園の現場実習などを経て、理想と現実のギャップも感じていた。
 そんな時、実習先の一つであった同牧場の落合一彦社長(48)が愛情を持って牛に接する姿を見て、自身も同じ気持ちを持って仕事がしたいと入社を決意。現在、搾乳作業を担当している。

 [2018-11-9]