カテゴリータイトル

地域活性化

すべての記事を読む

農業が大人気ドラマに TBS日曜劇場「下町ロケット」

 「宇宙から大地へ」――。そんなメインテーマとともに、TBS日曜劇場「下町ロケット」が絶賛放送中だ。大人気シリーズの同作だが、今回取り上げているのは「農業」。10月から放送がスタートし、現在、物語は中盤を迎えている。話題の下町ロケットからますます目が離せない。

 同作は、直木賞作家・池井戸潤氏の代表作とも言うべき、シリーズ累計300万部突破の大人気小説「下町ロケット」を原作とするテレビドラマ。
 2015年に放送された前作では、宇宙、医療をテーマに物語が進み、最終回の平均視聴率は22.3%を記録。同年の民放ドラマで最高視聴率をマークし、大きな話題を呼んだ。
 その続編となる同作では、農業者の高齢化、担い手不足を踏まえて、準天頂衛星「ヤタガラス」を利用した自動操縦のロボットトラクター開発に挑戦していくストーリーとなる。
 現実の農業・農村における課題や今、最も注目されるスマート農業への取り組みもリアルに反映した内容になっている。

写真説明=宇宙(そら)から大地へ 本作のテーマは「農業」への挑戦

 [2018-11-16]