カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

2018年産ナタネ収穫量15%減

 農水省は昨年12月20日、2018年産ナタネ(子実用)の収穫量などを発表した。全国の作付面積が1930ヘクタール(前年産比3%減)、10アール当たり収量が162キロ(同12%減)、収穫量が3130トン(同15%減)。主産地の北海道の日照不足などがあり、作柄の良かった前年産を下回った。

 [2019-1-11]