カテゴリータイトル

農政の動き

すべての記事を読む

大日本猟友会 自民でジビエ 官房長官、農相ら参加

 (一社)大日本猟友会(佐々木洋平会長)は1月30日、鳥獣害対策やジビエへの理解を深めようと「第3回自然と農山村を守る狩猟のつどい」を自民党本部で開き、フレンチシェフによるジビエ料理などを振る舞った。党の鳥獣捕獲緊急対策議員連盟の会長を務める二階俊博幹事長は「鳥獣被害を被っている多くの農家と同じ思いで、懸命の努力を約束する」とあいさつ。つどいには、菅義偉官房長官、吉川貴盛農相ら関係閣僚や多くの国会議員が参加した=写真。

 [2019-2-8]