カテゴリータイトル

農政解説

すべての記事を読む

都内の大会に200人 販売戦略など学ぶ 農業経営者協会

 全国農業経営者協会(六車孝雄会長)は4、5の両日、都内で第48回全国農業経営者大会を開いた。協会会員や認定農業者ら約200人が作目を超えて集まり、農業でのマーケティングを学んだ。
 同大会のテーマは「これからのブランディング・マーケティング戦略」。初日の全体会では静岡県立大学の岩崎邦彦教授が「農業を強くするブランドづくり」について基調講演。自分が一番になれる分野を作ることの大切さを伝えた。続いて、(株)ドロップ(茨城県水戸市)の三浦綾佳代表と(株)カクト・ロコ(静岡県浜松市)の野末信子会長が、自身の強みやこだわりを生かしたブランディングの方法を紹介した。

写真説明=六車会長は「自身の経営の中で実践につなげてほしい」とあいさつ

 [2019-2-15]