カテゴリータイトル

大地バックナンバー

すべての記事を読む

大地 子育てと教育の基本は食卓にあり

 「子は、母の胎内で育つだけでなく、母親のとりしきる食卓でも育つ」。紀元前の古代ローマ時代に生きたコルネリアという女性の言葉だ。塩野七生さんの著書『ローマ人の物語』に紹介されている▼彼女は、ローマ帝国の護民官として農地改革に邁進(まいしん)し暗殺されたグラックス兄弟の母親だ。若くして未亡人となったが、この2人の息子を「わたしの2つの宝石」と呼び子育てに専念。ローマの女の鑑(かがみ)と讃(たた)えられた▼日本ではいま、自分ひとり好きな時に好きな物だけ食べる「孤食」が増えているという。共働き、塾通いなどの影響か。食卓を囲んだ一家団欒(だんらん)、家族のふれあいを取り戻したい。母親の愛情のこもった手料理と食卓での会話は、子育てには欠かせない▼そう思って新聞を読んでいたら、「食育」ならぬ「卓育」という言葉に出くわした。NPO法人食空間コーディネート協会の造語だという▼同協会ではご飯茶碗(わん)やおかず皿の置く位置、箸(はし)の使い方など和食の基本とマナーを広め、家族そろった食卓の大切さを訴えている▼「食」は人を良くするという字。子育てと教育の基本は食卓にあり。洋の東西を問わない人類の英知だ。賑(にぎ)やかで楽しい食卓の復活に向け、忙しいお母さん、がんばれ!

 [2009-11-6]