カテゴリータイトル

経営 技術 流通

すべての記事を読む

【新技術】小型で簡便な花蕾採種機を開発

 農研機構は果樹の花粉採取作業を大幅に省力化できる花蕾採取機を開発。伸縮する把持棒の先端にブラシ状に配置したコードを取り付け、小型モーターで高速回転させて採取するもの。作業時間は手作業に比べて梨で約8割、スモモで約7割削減できるという。
 果樹には雄花と雌花が別々の木に咲く雌雄異株(しゆういしゅ)と、同じ木に咲く雌雄同株がある。雌雄異株の園地では果実が収穫できる雌株が植えられ、雄株から花粉を採取して人工的に授粉させる。雌雄同株でも同一品種間で交配できない自家不和合性の樹種では多品種の花粉を人工的に授粉させる必要がある。
 雌雄異株の樹種にはキウイフルーツなど、自家不和合性の樹種にはスモモ、梨などがあり、これらの樹種では花粉を自家調達するか輸入品が使われている。
 花粉採取作業は採花、葯(やく)、葯ふるい、開葯、精選の順に行われ、おおむね機械化が進んでいるが、最初の段階の採花は機械化されず人手による作業が行われている。
 農研機構は今後、実用段階での試験を行い、2020年度以降の実用化を目指す。

写真=花蕾採取機での採花作業(農研機構提供)

 [2019-4-26]