カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

もったいない伝えたい 山形・天童市 村形 喜男さん(78)

 山形県天童市の村形喜男さん(78)は、農業高校の校長を退職後、その豊富な経験と知識を生かし地域貢献に取り組んできた。子どもたちに自然と触れ合う楽しさを伝え、地元の青年たちが作ったNPOの指導に当たるなど、幅広い世代との交流があり信頼を得ている。未収穫の柿の実を再利用して「柿酢」を製造。天童や山形市周辺では、ちょっとした「柿酢ブーム」が起きている。

 [2010-2-12]