カテゴリータイトル

耕作放棄地対策

すべての記事を読む

千葉で放棄地活用応援団が現地研修

 「千葉県耕作放棄地活用応援団」の現地研修会が13日、千葉市若葉区の約1ヘクタールの遊休農地で開かれた。参加したのは、あらかじめ団員として登録されていた人や行政関係者など約30人。1時間半ほどの講習の後、1人ひとりが刈払機を手に除草作業に挑んだ。最初は恐る恐るだった団員も徐々に慣れ、約4時間で、それまで手強そうなツル草などに覆われていた畑が元通りに。

 [2010-3-26]