カテゴリータイトル

高齢者農業

すべての記事を読む

31文字(みそひともじ)に絆つむいで  長野・豊丘村 毛涯潤さん

 長野県豊丘村の農業委員の毛涯潤さん(73)は、短歌を詠んで40年。農民歌人といわれた亡き父・稲田土彦(本名・毛涯栄さん)を目標に、農業に励みながら新聞や雑誌に歌を投稿している。短歌を父との絆(きずな)と感じ、五感を活(い)かすことが元気に楽しく生活する秘けつだ。

 [2010-4-2]